普通科
難関国立大学を目指す

ADVANCED
COURSE

文理特進コース

学びの特色

週35時間の豊富な学習時間

週35時間の授業時間を確保する他、授業後の補習、ネイティブ教員におけるランゲージレッスン、長期休業中の補習、朝学習など、豊富な学習時間を設けています。

個別対応プログラム

生徒個人の習熟度に応じて、個々に適した学習を提示し、自ら学ぶ主体性を育成します。

学びのポイント

POINTS

  • 国公立大学
    現役合格を目指す

    学びに必要なプリントや問題集の提示、学習方法のアドバイスをするだけでなく、コース独自の進路講演や卒業生との交流を通じて、進路意識を明確にし、意欲的に学びに取り組みます。

  • アクティブラーニング型の
    授業

    授業ではクラスメートと協働学習を通じて、自ら考える力、異なる意見に耳を傾ける力、仲間と協力して授業に取り組む力を身につけます。授業の最後には、学習した内容や自分の理解を振り返り、自己の成長と課題を意識して学びを進めます。

  • 探究活動を通して、
    社会人基礎力を養う

    社会理解の機会として探究活動を行い、さまざまな人と協力し合い問題解決を行っていきます。この活動を通じて将来自らがどのように社会と関わるかを考えていきます。

年次ごとのステップ

STEPS

  • 平日7時間、週35時間の授業と週3時間以上の補習授業、隔週土曜日には確認テストを実施する他、探究学習の時間を確保しています。まずは高校での学習サイクルを身につけます。

  • 文系 理系

    自ら進んで学習する力を養います。1年次に学習の習慣と基礎を徹底的に学ぶことで応用や更に難しい問題へチャレンジできる力をつけていきます。

  • 入試に向けての対策を行います。一人ひとりの進路に対応した指導を行うことで希望の進路へ導きます。放課後の自習など教員も一丸となり生徒の進路に向き合います。

卒業後の進路

名古屋大学/筑波大学/名古屋工業大学/名古屋市立大学/広島大学/岐阜大学/三重大学/静岡大学/信州大学/福井大学/上智大学/東京理科大学/立教大学/法政大学/関西大学/立命館大学/関西学院大学/南山大学 など

在校生の声

文理特進コース2年

M.Y. さん

(一宮市立萩原中学校出身)

自分のレベルにあわせた個人プログラムでレベルアップできます。

授業では、まず自分で考え、次に仲間と意見を交換していくことで、思考力や発信力を高める活動を行っています。充実した授業時間や各種補習によって、強みを伸ばしつつ弱点の克服に努めており、国公立大学進学に向けた学習環境が整っています。

■私の過ごし方

始業前から自主的に朝学習に参加し、通常授業の後は補習やネイティブの先生による英会話レッスンを受け、さらに茶道部の活動にも週1回参加しています。将来は医療の分野で働きたいと思っているので、特に理系科目の学習に力を入れています。

卒業生の声

[筑波大学 理工学群社会工学類進学]

N.Y. さん

(稲沢市立平和中学校出身)

1年次のフィリピンでの語学研修に参加したことは、英語力やコミュニケーション力の向上だけではなく、社会や経済に興味を持つきっかけともなりました。理系クラスとなった2年次は、クラス全体が「受験に向けて」という共通の目標を持って学習に集中するようになり、仲間同士刺激し合い、協力し合いながら、共に学力を向上させることができました。3年次には、それぞれの志望校合格に向けた努力が始まりました。不安や焦りで落ち着かないこともありましたが、先生方のアドバイスや、クラスの仲間との助け合いや励まし合いは、本当に大きな支えとなり、第1志望校合格という1つの目標に向けて、最後まで手を抜かず邁進することができました。