姉妹校派遣長期留学生帰国

2018.07.17 国際交流

7月15日(日)、台湾の静修女子高級中學から2017-2018年度の姉妹校長期交換留学生として本校に派遣された2名(何莞茹(つぼみ)さん、柯雅文(えりか)さん)が帰国の途に着きました。

 

昨年9月から約10か月の留学期間を終え、出発前の中部国際空港出発ロビーには、ホストファミリーをはじめ、多くの生徒が見送りに集まりました。留学生達は本校生徒と共に授業を受け、部活動や学校行事に参加して交流を深めたことで、日本語能力の向上など勉強面以外にも、価値観や柔軟性、ものの考え方など、人間的に大きく成長できたことでしょう。日本で体験し学び得たことを今後に活かし、さらに成長できるよう、これからも頑張ってくれることを期待します。