豪州との交流事業で国際コース生徒が英語通訳ボランティアを努める

2016.05.13 国際交流

豪州クイーンズランド州水泳連盟と日本スイミングクラブ協会東海支部との交流水泳競技が5月3日から5日にかけて、サンフロッグ春日井で行われ、本校国際コース2.3年生5名が通訳ボランティアとして参加しました。交流事業として行われた、第38回JSCA東海ブロック長水路水泳競技大会には1266名の入場者が訪れ、オーストラリアのクイーンズランド州からは20名の選手が参加しました。日本とオーストラリアの選手がそれぞれ複数種目でその早さを競い交流を行いました。この大会で国際コースの生徒達は、参加生徒達の通訳として競技の円滑な運営を手助けしました。生徒たちは「自分たちの英語力を多くの人の国際交流に役立てることができ大変嬉しかった」と、大きな手応えを感じたようです。