1年生国際セブ島語学研修到着

2018.07.04 研修

7月4日(水)、日本時間午後10時過ぎ、語学研修生48名全員無事に研修先であるシピルス(CPILS)に到着しました。7月1日に新しくオープンしたばかりのマクタン空港国際線到着ロビーでお世話いただくガーディアンの先生方に迎えられ、一緒にバスでシピルスまで移動しました。

 

シピルスはセブ島の数ある語学学校の中でも高い教育実績と長い伝統を有する名門校です。1対1の英会話レッスンを多く取り入れ、研修生の英語表現力を引き出す指導に定評があります。また1対4や1対8の少人数レッスンでは、ディスカッションなどを通じて、英語で論理的に考える力を養う指導を行っています。

 

研修生達は8月18日までの間、ガーディアン先生と共に寮で生活し、24時間英語漬けの生活を送ります。寮の各部屋に常駐するガーディアン先生の細かな指導により、多くの研修生が英語学習に対しての意欲を高めて帰国することでしょう。